合併症のない皮膚膿瘍患者に対して切開排膿後に、クリンダマイシンまたはトリメトプリム-スルファメトキサゾール(TMP-SMX)経口薬を投与して、有効性と安全性をプラセボと比較する二重盲検のランダム化対照試験を実施した米シカゴ大学病院のRobert S. Daum氏らは、MRSAの市中感染が増えた現在でも、抗菌薬を使用した方が切開排膿処置のみよりも治療後の治癒率が高かったと報告した。結果はNEJM誌2017年6月29日号に掲載された。

皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇の画像

ログインして全文を読む