ここ数十年の間に甲状腺癌の発症率が劇的に増加しているという報告はいくつもあるが、甲状腺癌の死亡率には実質的な変化はないか、逆にやや減少している。フランスInternational Agency for Research on CancerのSalvatore Vaccarella氏らは、その理由について検討し、新たに診断される患者の多くが過剰診断である可能性を示唆した。詳細は、NEJM誌2016年8月18日号に掲載された。

甲状腺癌の世界的な増加は過剰診断が原因かの画像

ログインして全文を読む