アーミッシュとフッタライトは、どちらも、米国内で独自の生活様式を守って暮らしている宗教集団で、遺伝的背景と生活様式はよく似ている。にもかかわらず児童の喘息有病率には大きな差がある。米Chicago大学のMichelle M. Stein氏らは、アーミッシュとフッタライトの子供たちの免疫系のプロファイルを比較し、それぞれの世帯の屋内塵を分析し、さらに屋内塵抽出物をマウスに投与する実験を行って、アーミッシュの生活環境が自然免疫を刺激し、喘息を抑制していることを示唆する結果を得た。詳細はNEJM誌2016年8月10日号に報告された。

アーミッシュの生活環境は喘息リスクを下げるの画像

ログインして全文を読む