陣痛誘発が、生まれた子の自閉症スペクトラム障害(ASD)リスクを上昇させる可能性を指摘した研究が報告されている。米Harvard公衆衛生大学院のAnna Sara Oberg氏らは、スウェーデンの大規模コホートを対象に陣痛誘発とASDの関係について分析し、遺伝的・環境的要因を共有し交絡因子の少ない兄弟姉妹で比較を行ったところ、陣痛誘発とASDのハザード比0.99で有意な関連は見られなかったと報告した。詳細は、JAMA Pediatrics誌電子版に2016年7月25日に掲載された。

陣痛誘発は自閉症スペクトラム障害と関係ないの画像

ログインして全文を読む