薬剤抵抗性を示す発作性の心房細動(AF)患者に対する冷凍アブレーション(CA)による肺静脈隔離術の有効性と安全性を、高周波アブレーション(RA)と比較する無作為化試験を行った独Asklepios Klinik St. GeorgのKarl-Heinz Kuck氏らは、有効性について非劣性を確認、安全性にも差がないことを報告した。詳細は、NEJM誌電子版に2016年4月4日に掲載された。

AFへの冷凍アブレーションは高周波に劣らないの画像

ログインして全文を読む