65歳以上の男性にテストステロンを投与して19〜40歳の血中濃度に上昇させると、性機能は向上するが歩行機能などの体力に改善は見られなかったという研究が報告された。これは米国Pennsylvania大学のPeter J. Snyder氏らが、プラセボ対照の無作為化試験を行ったもので、結果はNEJM誌2016年2月18日号に掲載された。

テストステロン投与が有益なのはほぼ性機能のみの画像

ログインして全文を読む