機能性ディスペプシアは慢性的な疾患だが、生存期間短縮に関連することを示唆するエビデンスは存在しない。しかし、欠勤や生産性の低下と、患者の収入減をもたらし、医療費を高める。米国では、2009年の機能性ディスペプシアに対する医療費は180億ドルを超えた。社会的、経済的な影響を最小限に留めるためには、医師がこの疾患について理解し、診察や診断検査を適切に行い、有効な治療を提案することが重要だ。

ログインして全文を読む