BRCA遺伝子変異陽性の進行卵巣癌治療薬として海外で承認されている、ポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬のオラパリブ(olaparib)が、特定の遺伝子変異を持つ進行前立腺癌にも奏効することが分かった。

ログインして全文を読む