慢性的な心房細動患者が待機的な手術または侵襲的な介入を受ける場合には、ワルファリン(商品名ワーファリン他)の使用を中断するが、その間に低分子ヘパリンを用いたブリッジングを行わなくても、動脈血栓塞栓イベントの有意な上昇は見られず、大出血リスクはブリッジングを行った場合に比べ有意に低いことが分かった。

ログインして全文を読む