大気汚染の改善に取り組んできた米国の南カリフォルニア地域では、過去数十年の取り組みにより大気汚染物質の大幅な削減を達成したが、それに伴い小児の肺機能が向上したことが、地域コホート研究から示唆された。線形回帰モデルを用いて、経時的な大気汚染レベルの低下と11歳から15歳までの4年間における肺機能の発達の関係を推定したもの。

ログインして全文を読む