抗癌剤の投与期間に、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)作動薬であるゴゼレリン(商品名ゾラデックス)を併用すると、化学療法の終了後に卵巣機能不全となるリスクが低減し、5年以内に妊娠する女性の割合が上昇することが明らかになった。閉経前の乳癌患者を対象としたランダム化比較試験POEMS/S0230による。

ログインして全文を読む