ピーナッツアレルギーを発症するリスクが高い乳児を、ランダムに「ピーナッツ回避群」と「ピーナッツ摂取群」に分け、5歳になった時点でのピーナッツアレルギー率を比べると、ピーナッツを乳児期から食べさせた子どもの方がピーナッツアレルギーが大幅に少ないことが分かった。

ログインして全文を読む