薬物療法下でも重度の症状が残存する難治性の狭心症患者を対象としたシャム(偽)治療対照のランダム化比較試験で、冠静脈洞へのデバイス留置により狭心症症状が軽減され、QOLが向上することが分かった。

ログインして全文を読む