米国Georgetown大学のJesse L. Goodman氏は、エボラウイルス疾患(エボラ出血熱)治療薬候補として話題になっている製剤開発の現状、患者への使用前に考慮・検討すべき問題点を、NEJM誌電子版に2014年8月20日に掲載されたPerspectiveで示した。

ログインして全文を読む