炎症誘発性サイトカインであるインターロイキン-17A(IL-17A)の機能を阻害する高親和性の組換え完全ヒト抗IL-17Aモノクローナル抗体Secukinumabを、中等症から重症の尋常性乾癬患者に用いた2件の第3相試験の結果、プラセボとエタネルセプトに優る症状軽減効果が示された。カナダDalhousie大学のRichard G. Langley氏らが、NEJM誌電子版に2014年7月9日に報告した。

ログインして全文を読む