選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や他の抗うつ薬を妊娠中に使用しても、出生児の先天性心疾患リスクは上昇しないことが、大規模コホート研究の結果として示された。米Harvard大のKrista F. Huybrechts氏らが、NEJM誌2014年6月19日号に報告した。

ログインして全文を読む