経口アンドロゲン受容体阻害薬のエンザルタミドは、化学療法歴のない転移性去勢抵抗性前立腺癌においても生存利益をもたらすことが、フェーズ3のランダム化比較試験(RCT)PREVAILの結果として示された。米Oregon健康科学大のTomasz M. Beer氏らが、NEJM誌電子版に2014年6月1日に報告した。

ログインして全文を読む