チロシンキナーゼ阻害薬のnintedanibが、特発性肺線維症(IPF)で生じる努力性肺活量(FVC)の低下を抑制することが、2件のランダム化比較試験の結果として示された。英National Institute for Health ResearchのLuca Richeldi氏らが、NEJM誌電子版に2014年5月18日に報告した。

ログインして全文を読む