血栓溶解(tPA)療法を中等度リスクの急性肺塞栓症(PE)に実施すると、早期の死亡または血行動態の代償不全は減少するが、重大な出血、脳卒中リスクが増加することが、多施設二重盲検ランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。フランスParis第5大学のGuy Meyer氏らが、NEJM誌2014年4月10日号に報告した。

ログインして全文を読む