母体血漿中の胎児由来無細胞DNA(cfDNA)を用いた出生前検査は、一般妊婦においても染色体異数性を、低い偽陽性率、かつ高い陽性的中率で検出することが示された。米Tufts大医療センターのDiana W. Bianchi氏らが、NEJM誌2014年2月27日号に報告した。

ログインして全文を読む