中耳換気用チューブが留置されている小児の急性耳漏の管理において、経口抗菌薬と抗菌薬・グルココルチコイド配合点耳薬の有効性と安全性を比較したランダム化比較試験(RCT)の結果、点耳薬の優越性が示された。オランダUtrecht大Julius Center for Health Sciences and Primary CareのThijs M.A. van Dongen氏らが、NEJM誌2014年2月20日号に報告した。

ログインして全文を読む