出産後12週までは血栓リスクの有意な上昇が持続することが、カリフォルニア州で初回の出産を経験した女性を対象にした後ろ向きコホート研究の結果として示された。米Weill Cornell医大のHooman Kamel氏らが、NEJM誌電子版に2014年2月13日に報告した。

ログインして全文を読む