新たな経口C型肝炎(HCV)治療薬であるNS5A阻害薬のdaclatasvirと、NS5Bポリメラーゼ阻害薬のsofosbuvirの併用で、様々なジェノタイプのC型肝炎(HCV)感染者で高い持続的ウイルス陰性化(SVR)をもたらすことが、多施設オープンラベル試験の結果として示された。米Johns Hopkins大のMark S. Sulkowski氏らが、NEJM誌2014年1月16日号に報告した。

ログインして全文を読む