ワルファリンを開始する患者において、遺伝子多型(SNPs)の情報を利用することの利益は4週間の解析では認められず、12週間の解析でも少ないことが、2つのランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。米Pennsylvania大Center for Therapeutic Effectiveness ResearchのStephen E. Kimmel氏らと、英Liverpool大のMunir Pirmohamed氏らがそれぞれ、NEJM誌電子版に2013年11月19日に報告した。

ログインして全文を読む