サイトメガロウイルス(CMV)感染症の発症リスクが高いCMV血清反応陽性患者に、新しく開発されたCMX001かプラセボを二重盲検法で投与した試験で、CMX001の週2回、100mg投与により発症リスクを有意に低減できることが示された。米Dana-Farber癌研究所のFrancisco M. Marty氏らが、NEJM誌2013年9月26日号に報告した。

ログインして全文を読む