中等症から重症の腹圧性尿失禁(緊張性尿失禁)患者には中部尿道スリング手術が第1選択となり得ることが、ランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。オランダUtrecht大学病院のJulien Labrie氏らが、NEJM誌2013年9月19日号に報告した。

ログインして全文を読む