静脈血栓塞栓症(VTE;深部静脈血栓症と肺塞栓症)の2次予防として、様々な経口抗凝固薬(ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバン、ビタミンK拮抗薬)と抗血小板薬(アスピリン)の有効性と安全性を比較したネットワークメタ解析の結果、VTE再発予防効果が高く、大出血リスクが低い最適な薬剤はないことが示された。患者ごとに最適となる薬剤を判断する必要がありそうだ。カナダOttawa大のLana A Castellucci氏らが、BMJ誌電子版に2013年8月30日に報告した。

ログインして全文を読む