妊娠初期のフルコナゾール経口投与と全般的な先天異常に有意な関係がないことが、デンマークにおける全出生児を対象とした調査で示された。ただし、用量にかかわらずファロー四徴症のリスクは上昇していた。デンマークStatens Serum InstitutのDitte Molgaard-Nielsen氏らが、NEJM誌2013年8月29日号に報告した。

ログインして全文を読む