糖尿病でない人々における高めの血糖値と認知症リスクの間に有意な関係が存在することが、住民ベースの前向きコホート研究から示された。米Washington大学のPaul K. Crane氏らが、NEJM誌2013年8月8日号に報告した。

ログインして全文を読む