腹部の大手術中に肺保護的換気を用いると、術後の肺合併症と肺外合併症のリスクが半分以下になることが、多施設ランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。仏Clermont-Ferrand大学Estaing病院のEmmanuel Futier氏らが、NEJM誌2013年8月1日号に報告した。

ログインして全文を読む