腎移植後の患者の尿中に含まれる細胞の3つのマーカーRNA量を指標にすると、急性細胞性拒絶反応の診断がより早期から可能になることを、米Weill Cornell医科大学のManikkam Suthanthiran氏らが前向き観察研究によって明らかにした。RNA量の変化は、腎生検で拒絶反応が確認される約20日前から見られていた。論文は、NEJM誌2013年7月4日号に掲載された。

ログインして全文を読む