一過性脳虚血発作(TIA)または軽症の虚血性脳卒中患者における脳卒中二次予防では、アスピリン単剤に比べてクロピドグレルを併用した方がより有効であることが、二重盲検ランダム化比較試験(RCT)CHANCE試験の結果として示された。中国北京天壇医院のYongjun Wang氏らが、NEJM誌電子版に2013年6月26日に報告した。

ログインして全文を読む