妊娠週数33〜35週での早産となった健康な乳児のRSウイルス(RSV)感染を予防すると、生後1年間の喘鳴の日数と反復性喘鳴罹患の割合が有意に減少することが、オランダUtrecht大学医療センターのMaarten O. Blanken氏らによる二重盲検のランダム化比較試験(RCT)で示された。詳細はNEJM誌2013年5月9日号に報告された。

ログインして全文を読む