左室収縮機能不全を有する房室ブロック患者には、右室ペーシングよりも両室ペーシングが有効であることが、二重盲検の多施設ランダム化比較試験(RCT)BLOCK HF試験で示された。米Buffalo大学のAnne B. Curtis氏らが、NEJM誌2013年4月25日号に報告した。

ログインして全文を読む