多臓器不全で機械的換気を受けているICU入院患者を対象とする二重盲検のランダム化比較試験(RCT)の結果、グルタミン投与で死亡率が上昇する可能性が示された。カナダKingston総合病院のDaren Heyland氏らが、NEJM誌2013年4月18日号に報告した。

ログインして全文を読む