静脈血栓塞栓症(VTE)の初期治療後の延長治療にアピキサバンまたはダビガトランを用いると、プラセボに比べて有意なVTE予防効果が得られ、出血リスクに対する懸念も小さくなることが示された。それぞれ異なる研究グループによって行われた臨床試験の結果が、NEJM誌2013年2月21日号に報告された。

ログインして全文を読む