限局性前立腺癌で根治的前立腺全摘除術を受けた患者と放射線治療を受けた患者を長期にわたって追跡した研究で、治療から15年後の時点では、排尿、排便、性機能いずれの機能についても有意な差は見られないことが分かった。ただし、2年後と5年後の時点では、排尿障害と勃起障害は全摘で、排便障害は放射線治療でそれぞれ有意に高かった。米Vanderbilt大学のMatthew J. Resnick氏らが、NEJM誌2013年1月31日号に報告した。

ログインして全文を読む