呼吸窮迫症候群(ARDS)の死亡率は高く、生存者も合併症に長期間悩まされることが多い。ARDS患者の生命を維持するために用いられる機械的換気には、肺損傷を引き起こす危険性がある。高頻度振動換気(HFOV)はそうしたリスクを減らせるとの期待に基づいて、有効性のエビデンスが十分にないままに、使用が増えている。

ログインして全文を読む