わが国でも維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症の治療に用いられているシナカルセトが、血液透析患者の心血管イベントリスクを低減できるかどうかを調べたEVOLVE試験の結果が、NEJM誌2012年12月27日号に掲載された。著者の米Stanford大学のGlenn M. Chertow氏らによると、同薬による心血管イベントリスク低減を示す決定的なエビデンスは得られなかった。

ログインして全文を読む