若年性認知症を引き起こす「那須ハコラ病」の原因遺伝子として知られるTREM2の機能喪失多型と、遅発性のアルツハイマー病(AD)との間に、強力な関係がある――。そんな新たな知見を報告した2本の論文が、2012年11月14日付のNEJM誌電子版に同時掲載された。

ログインして全文を読む