癌に罹患する前からスタチンを使用していた癌患者では、スタチン使用歴が全くない癌患者と比べて全死因死亡率と癌関連死亡率が有意に低いことが、デンマークCopenhagen大学病院のSune F. Nielsen氏らの研究で明らかになった。論文は、NEJM誌2012年11月8日号に掲載された。

ログインして全文を読む