血漿中と胸水中のフィブリン-3値が、アスベスト曝露歴のある人々における胸膜中皮腫の早期診断などに役立つことが、米New York大学のHarvey I. Pass氏らの研究で明らかになった。論文は、NEJM誌2012年10月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む