コーヒーの摂取量と死亡の関係を調べた過去最大規模の前向き研究で、男女ともに、コーヒーを全く飲まない人に比べ、より多く摂取する人の方が死亡リスクは低いことが明らかになった。米国立癌研究所のNeal D. Freedman氏らが、NEJM誌2012年5月17日号に報告した。

ログインして全文を読む