癌の告知を受けた患者は、告知直後の自殺と心血管死亡のリスクが顕著に上昇することが、スウェーデンKarolinska研究所のFang Fang氏らが行ったヒストリカルコホート研究で明らかになった。リスク上昇は、特に予後不良とみなされる癌の診断を受けた患者で大きかった。論文は、NEJM誌2012年4月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む