軽症から中等症のアルツハイマー病に対する治療薬として用いられているコリンエステラーゼ阻害薬のドネペジルに、中等症から重症のアルツハイマー病患者の認知機能の低下を遅らせる効果もあることが、英London大学King’s CollegeのRobert Howard氏らが行った二重盲検無作為化試験で明らかになった。メマンチン追加の利益は確認されなかった。論文は、NEJM誌2012年3月8日号に掲載された。

ログインして全文を読む