外傷性脳損傷で外傷から4〜16週が経過し、入院リハビリテーションを受けている患者にアマンタジンを4週間投与すると、機能障害からの回復が早まることが、二重盲検無作為化試験で明らかになった。米JFK Johnson Rehabilitation InstituteのJoseph T. Giacino氏らが、NEJM誌2012年3月1日号に報告した。

ログインして全文を読む