大腸内視鏡による腺腫性ポリープ切除は、その後の大腸癌罹患率を下げるだけでなく、大腸癌死亡も予防することが、米Memorial Sloan-Kettering癌センターのAnn G. Zauber氏らによるコホート研究で明らかになった。論文は、NEJM誌2012年2月23日号に掲載された。

ログインして全文を読む