淋菌の抗菌薬耐性の獲得が進み、近い将来、治療の選択肢がなくなるのではないかという不安が高まっている。米疾病管理センター(CDC)のGail A. Bolan氏らは、NEJM誌2012年2月9日号のPerspectiveで、抗菌薬耐性獲得状況について解説、推奨される治療を示すとともに、医療従事者や公衆衛生担当者などが速やかに取り組むべき課題について述べている。

ログインして全文を読む