高齢で心血管リスクが高い大腿骨頸部骨折患者において、術後の輸血開始の指標を、ヘモグロビン値8g/dLに設定しても、より高い閾値(ヘモグロビン値10g/dL)に設定しても、術後の転帰に差はなく、輸血の頻度は8g/dL群で有意に下がることが明らかになった。米New Jersey医科歯科大学のJeffrey L. Carsons氏らが、NEJM誌2011年12月29日号に報告した。

ログインして全文を読む