ノロウイルスのうちのノーウォークウイルス遺伝子型GI.1を標的とする経鼻型ワクチンの接種により、この遺伝子型のウイルスの感染と発症が偽薬群の半分近くに抑えられることが、健常成人を対象とした二重盲検の多施設無作為化試験によって示された。米Baylor医科大学のRobert L. Atmar氏らが、NEJM誌2011年12月8日号に報告した。

ログインして全文を読む